あおもり昆虫記

キチョウ

キチョウ(シロチョウ科)青森市、10月上旬
青森市南部の里山環境で撮影した。この場に3匹のキチョウが飛んでいた。
とまっている個体(上)も飛んでいる個体(下)も雄。ともに、夏型と秋型の中間型の斑紋。
下の個体は交尾しようと、とまっている個体を目がけて飛来したが、相手が雄と分かり、すぐ飛び去った。
キチョウは青森県内では繁殖しない(越冬しない)といわれてきたが、ここ数年、青森県内で飛翔個体が増えてきた。
チョウの研究者たちは、青森県内での発生のメカニズムの解明に取り組んでいる。

シロチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME