あおもり昆虫記

フジミドリシジミ

>>昆虫記はこちら
フジミドリシジミ(シジミチョウ科)十和田湖町、8月中旬
1910年、富士山中腹で発見されたため、この名がついた。
かつては珍チョウと言われていた。
が、青森県の研究家下山健作さんらの調査の結果、幼虫の食樹がブナであることが分かり、普通に見られることが分かった。

シジミチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME