あおもり昆虫記

オオノコメエダシャク

オオノコメエダシャク(シャクガ科)青森市、7月中旬
青森市郊外の雑木林の小径を歩いていたら、目の前にシャクガの幼虫がぶら下がっていた。写真ではかすかにしか見えないが、口から吐き出す細い糸でぶら下がっている。
大きくころころ太った幼虫が成虫になれば、羽を開いた長さが5−6センチになる、大きなオオノコメエダシャクになる。幼虫は、キブシの葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME