あおもり昆虫記

ヒロオビトンボエダシャク

ヒロオビトンボエダシャク(シャクガ科)青森市、7月下旬
腹が細長いため、そして前羽も後羽も同じ模様をしているため「トンボ」に見立ててこの名がついたのだろう。
初夏の里山で、日中、高い所をふわふわゆっくり飛ぶが、夕暮れ時に一番活発に飛ぶ。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME