あおもり昆虫記

シロツバメエダシャク

シロツバメエダシャク(シャクガ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集したら飛来した。秋、山地の川沿いの林道などでよく見かける。
花の上によく止まり、蜜を吸っている。非常にふわふわと飛ぶ。
あまりにふわふわ飛ぶため、白い紙片が舞っているように見える。後ろ羽が突き出しているためツバメの尾羽に見立てた。全国に分布、幼虫はコナラ、イチイ、イヌガヤなどの葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME