あおもり昆虫記

フタキスジエダシャク

フタキスジエダシャク(シャクガ科)青森市、9月下旬
八甲田山ろくの常夜灯に飛来し、朝そのままとまっていたところを撮影した。羽を広げた長さが5センチほどある大きいシャクガだ。
2本の黄色のすじが印象的で、どことなく抽象画的な模様だ。幼虫は、ズミなどバラ科の木の葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME