あおもり昆虫記

ツマキエダシャク

ツマキエダシャク(シャクガ科)十和田市、8月下旬
八甲田山ろくの高原の常夜灯に飛来、朝そのままとまっていたところを撮影した。
羽の先端に薄茶色の紋があることから「ツマキ」の名がついた。
全国に分布、幼虫はモチノキ科樹木の葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME