あおもり昆虫記

ウスオビヒメエダシャク

ウスオビヒメエダシャク(シャクガ科)碇ケ関村、9月上旬
山あいの常夜灯に飛来、朝そのままとまっていたところを撮影した。羽を開いた長さが2センチちょっとの小さなシャクガ。
羽の模様も非常にかわいい。幼虫は、カエデ類の葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME