あおもり昆虫記

ユウマダラエダシャク

>>昆虫記はこちら
ユウマダラエダシャク(シャクガ科)岩木町、6月中旬
幼虫は、生け垣のマサキの葉を食べて育つ。マサキを食樹としている昆虫は珍しい。
夕斑枝尺という名の通り、夕方から活動を始める。日中は、羽を開いたまま、暗い場所の葉の上などにじっと止まっている。
羽や体の色・模様は、鳥の糞に似せた、といわれている。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME