あおもり昆虫記

ウスバフユシャク

>>アップ写真はこちら
ウスバフユシャク(シャクガ科)青森市、12月中旬
12月中旬にも虫はいる。やわらかい日差しが当たる郊外の林道を歩いていたら、枯れ草にとまっていたウスバフユシャクを見つけた。
この季節だけにあらわれるガの仲間だ。幼虫は、バラ科、ブナ科、カエデ科など広い種類の木の葉などを食べるが、なかでもスモモやアンズの害虫として知られる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME