あおもり昆虫記

クロオビフユナミシャク

>>雌の写真はこちら
クロオビフユナミシャク(シャクガ科)青森市、10月中旬
八甲田山ろくの常夜灯に飛来し、朝そのままとまっていたところを撮影した。10月中旬とはいえ八甲田さんろくは、かなり寒い。
このシーズン、フユシャクの仲間を見たのは、これが第1号だった。幼虫は、ブナの葉を食べるといわれる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME