あおもり昆虫記

ナミスジフユナミシャク

>>雌の写真はこちら
ナミスジフユナミシャク(シャクガ科)青森市、11月中旬
初冬の青森市郊外の雑木林。ミズナラなどの葉はすっかり落ち、林内の見通しがずいぶん良い。
そんな林の中で、弱々しくひらひら飛んでいたのがナミスジフユナミシャクだった。とまったところを撮影したが、全体が枯葉にすっかり同化していた。
写真のガは雄で、雌は羽がほとんど無く、雄と似ても似つかない姿をしている。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME