あおもり昆虫記

ベニスジヒメシャク

ベニスジヒメシャク(シャクガ科)十和田市、9月上旬
八甲田山ろくの高原の常夜灯に飛来、朝そのまま近くにとまっていた。
4枚の羽がばらばらなのに、とまるとき、紅色の筋が横一線になる不思議に感動する。
幼虫は、ミゾソバ、イヌタデ、イタドリなどタデ科植物の葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME