あおもり昆虫記

キイロエグリヅマエダシャク

キイロエグリヅマエダシャク(シャクガ科)碇ケ関村、8月上旬
山あいの常夜灯に飛来、翌日、そのまま止まっていた。
名の「エグリヅマ」とは、前羽の先端(ツマ)が、欠けているような形を「えぐれて」いるように見立てたのだろうか。
寒地系のガで、幼虫はクリなどの葉を食べる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME