あおもり昆虫記

ハラキカバナミシャク

ハラキカバナミシャク(シャクガ科)青森市、7月中旬
青森市西南部の郊外で灯火採集をしたら飛来した。
本州、四国、九州などに分布、幼虫の食草はセンニンソウのつぼみ。
羽を開いた長さが10ミリ前後しかなく、日本のナミシャクの中で最小のガの一つといわれている。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME