あおもり昆虫記

アトグロアミメエダシャク

アトグロアミメエダシャク(シャクガ科)青森市、6月下旬
青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたら飛来した。全国に分布するが、きわめてユニークな羽の模様が印象的だ。
名の“アトグロ”(後黒)模様が、羽を開いてとまったとき、前羽と後羽がうまくつながるところが、非常に面白い。考えてこの模様をデザインしたのではないのに、なんともうまくデザインされていることに驚かされる。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME