あおもり昆虫記

ツマキリエダシャク

ツマキリエダシャク(シャクガ科)青森市、6月上旬
野内川上流で灯火採集をしたら飛来した。同じころ、八甲田山ろくの常夜灯でも見た。
全国に分布、幼虫はスギ、マツ、カエデなどの葉を食べる。初夏と夏の2回発生する。
前羽の先端が切れたように見えるのが、和名の由来のようだ。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME