あおもり昆虫記

シロテンエダシャク

シロテンエダシャク(シャクガ科)碇ケ関村、5月下旬
山あいの常夜灯に飛来、朝そのままとまっているところを撮影した。このグループは、羽の模様が全体的に褐色で地味ではっきりしないため、名を特定するのが難しい。
このガは、羽の外縁付近に白い紋があることから、この名がついた。全国に分布、春に現れる。
幼虫の食樹は、クリ、リンゴ、フジなど。

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME