あおもり昆虫記

ブナアオシャチホコ

>>黒帯型はこちら
>>黒化型はこちら
ブナアオシャチホコ(シャチホコガ科)青森市、5月下旬
青森市西南部の梵珠山のふもとで灯火採集をしたら飛来した。全国に分布、幼虫は名の通りブナの葉を食べることで知られる。
青森県では何年かに1回、八甲田と岩木山のブナがこのガの幼虫の食害に遭い、被害林を遠方から見ると、夏なのに山肌が紅葉のように茶褐色に見えることがある。天敵はクロカタビロオサムシで、この両者のバランスがブナ林の生態系を保っている。
ブナアオシャチホコは個体変異が大きく、黒帯型や黒化型がある。

シャチホコガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME