あおもり昆虫記

ウラベニヒラタマルハキバガ

ウラベニヒラタマルハキバガ(ヒラタマルハキバガ科)青森市、8月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集したら飛来した。
旧名は「フキヒラタマルハキバガ」だったが、現在はこの名に変わった。
全国に分布、幼虫の食草はフキ。

キバガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME