あおもり昆虫記

オオエグリキバガ

オオエグリキバガ(エグリキバガ科)青森市、8月下旬
八甲田山ろくの高原で灯火採集したら飛来した。本州、四国、九州に普通に分布。
羽を広げると2センチ前後の小さなガ。とまっているときは、名の「扁」(ヒラタ)そのもので、へらべったい小さなゴミが貼り付いているように見える。
写真のように、前羽が大きくえぐれていることから、「エグリ」の名がついたのだろう。以前はオオエグリヒラタマルハキバガだったが、改称された。

キバガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME