あおもり昆虫記

オオヒカゲ

>>昆虫記はこちら
オオヒカゲ(ジャノメチョウ科)平内町、8月中旬
ジャノメチョウ科の中で、一番大きなチョウだ。ふだんは、悠然と飛んでいるが、何かに驚いたりすると猛スピードで藪の隙間を上手に縫って飛ぶ。
信じられないほど速くうまく、藪の間をくぐり抜ける。花には訪れず、獣の糞や樹液を吸ったりする。

ジャノメチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME