あおもり昆虫記

カギバイラガ

>>雄はこちら
カギバイラガ(イラガ科)青森市、8月上旬
青森市南部の里山で灯火採集をしたら飛来した。羽を開いた長さが13ミリ前後という小さなガだが、写真のようにユニークなとまりかたをする。
写真は、頭を下にし、お尻を跳ね上げている“状況”。この時季、青森県各地の灯火に飛来する。
全国に分布、幼虫の食樹はクリ、コナラ、ヤマハンノキなど。

イラガ〜ボクトウガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME