あおもり昆虫記

ゴマフボクトウ

ゴマフボクトウ(ボクトウガ科)青森市、8月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。腹が棒のように長い、特徴的な姿をしている。
北海道、本州などに分布。幼虫の食樹はコナラ、ツツジなどが知られ、多くの広葉樹の幹に穴をあけ、食害する。

イラガ〜ボクトウガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME