あおもり昆虫記

ミヤマスカシクロバ

>>昆虫記はこちら
ミヤマスカシクロバ(マダラガ科)青森市、4月下旬
東北北部−北海道に分布している北方系のガで、春先に現れる。
いわゆるスプリングエフェメラル(春のはかない命)。
昼に活動するガで、太陽光を十分吸収するため黒いいでたちをしているもの、とみられる。旧名はオオスカシクロバで、その後改称された。

イラガ〜ボクトウガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME