あおもり昆虫記

ヒノキカワモグリガ

ヒノキカワモグリガ(ハマキガ科)中泊町、7月上旬
津軽半島の北端に近い「やまなみトンネル」付近で灯火採集したら飛来した。
本州、九州などに分布、幼虫はスギやヒノキの中に入り込み、内樹皮を食害する。
これが原因で材にシミができるため、材の品質低下を招き、林業者に損失を与えている。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME