あおもり昆虫記

エダキオビヒメハマキ

>>昆虫記はこちら
エダキオビヒメハマキ(ハマキガ科)青森市、2005年6月26日=日本初記録
青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたら飛来した。ヨーロッパ、北アフリカからトルコ、カザフスタン、シベリヤを経て、中国、朝鮮半島、極東ロシア各地まで分布し、東端はカムチャッカに及ぶが、日本ではこれが初記録。
採集者の佐藤博さんが、エダキオビヒメハマキと名づけた。幼虫は各種広葉樹の樹皮下に食い入るという。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME