あおもり昆虫記

リンゴコカクモンハマキ

リンゴコカクモンハマキ(ハマキガ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集したら飛来した。北海道や東北地方に広く分布する。
幼虫の食樹は30種以上の植物が記録されており、非常に幅広い。なかでもリンゴやナシの重要害虫として知られている。
リンゴの発芽期に幼虫が芽に入って食害し、さらに花なども食害する。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME