あおもり昆虫記

サッポロヒメハマキ

サッポロヒメハマキ(ハマキガ科)青森市、7月上旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
羽をひらくと1.5センチほどの小さなガだが、羽の模様がなかなか美しく、撮影のとき、ファインダーをのぞきながら、思わず「きれいだ!」と口走ってしまった。
幼虫の食樹はミズナラ、クリ、マンサクなど。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME