あおもり昆虫記

オオウスアオハマキ

オオウスアオハマキ(ハマキガ科)青森市、11月下旬
初冬の里山を歩いていたら、足元からガが1匹飛び立ち、近くのススキの枯葉にとまった。羽の色・模様とススキの枯葉の色・模様があまりにも似ているため、びっくりしたものだった。
木遁の術…見事な忍者ぶりだった。北海道、本州、アムールなどに分布、羽を開くと25ミリ前後になり、ハマキガの仲間としては、かなり大きい。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME