あおもり昆虫記

クロホシカラマツミキモグリガ

クロホシカラマツミキモグリガ(ハマキガ科)青森市、2005年6月23日=日本初記録
青森市の高田朝日山地区で灯火採集をしたら飛来した。ヨーロッパからシベリア西部にかけて分布する、といわれているが、この採集個体を専門家に調べてもらったところ、日本初記録であることが分かった。
採集者の佐藤博さんが、クロホシカラマツミキモグリガと名づけた。幼虫は、カラマツの樹皮の下に食い入るという。
なお、佐藤さんは1987年6月2日、津軽半島梵珠山山系北端の、魔ノ岳山ろくで同種を採集しており、その個体が、同種の日本初採集記録となる。

ハマキガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME