あおもり昆虫記

モンシロドクガ

モンシロドクガ(ドクガ科)碇ケ関村、8月下旬
山あいの常夜灯に飛来、朝その近くにとまっていた。8月下旬、八甲田山ろくの高原でも見られた。
幼虫は、サクラ、ウメ、クリ、コナラ、クワなどの葉を食べる。2齢幼虫以降毒針毛を持つようになるという。
毒を考えないとなかなか美しいガだ。

ドクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME