あおもり昆虫記

クロアゲハ(飛翔)

>>飛翔の写真Aはこちら
クロアゲハ(飛翔)(アゲハチョウ科)青森市、8月中旬
青森市西南部の里山環境で、カラスザンショウの枝の間を飛ぶクロアゲハ。
クロアゲハの分布の北限は長く秋田県だったが、10年ほど前から青森県深浦町などで目撃されはじめ、その後、青森市などでも見られるようになった。
「原色蝶類検索図鑑」(北隆舘、1990年)によると、食樹は、「カラスザンショウ、イヌザンショウ、サンショウ、ハマセンダン、ミヤマシキミなど野生ミカン科植物、および各種ミカン類、ユズ、ダイダイ、レモンなど栽培ミカン科植物」とある。なお、ツルシキミは、ミヤマシキミが北海道、本州の日本海側の多雪地帯に適応した品種。

アゲハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME