あおもり昆虫記

オオカマキリ

>>昆虫記はこちら
オオカマキリ(カマキリ科)青森市、9月下旬
前足に鎌を持つ、特異な姿をした昆虫。その鎌で多くの昆虫を捕らえ、食べる。
捕虫のスピードは意外に速く、狩りの名人だ。秋が深まり落葉樹は葉を落とし、草は枯れると、オオカマキリの卵塊が目立つようになる。
卵塊は、発泡スチロールのような構造になっており、断熱効果が非常に高い。

カマキリの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME