あおもり昆虫記

ハラヒシバッタ

>>昆虫記はこちら
ハラヒシバッタ(ヒシバッタ科)弘前市、9月中旬
真上から見ると体が菱形に見えるため、この名がついた。1cmに満たない小さなバッタだ。
山地には生息せず、人里に普通にいる。草の生えていない裸地でとくに多く見かける。
春先から雪が降る前までいる。日本全国に普通に分布する。

バッタの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME