あおもり昆虫記

ヒロバネヒナバッタ

>>昆虫記はこちら
ヒロバネヒナバッタ(バッタ科)青森市、9月上旬
いわゆる、ふつうのバッタだ。人里に多くいるため、おそらく日本国民に一番多く見られているバッタだろう。
が、地味だから、人々はこの虫を見ても、意識には残らないだろう。夏の暑い日、前羽に後ろ足をこすりつけ、「シュルシュルシュル」と乾いた音を出す。

バッタの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME