あおもり昆虫記

トノサマバッタ

>>昆虫記はこちら
トノサマバッタ(バッタ科)蟹田町、8月中旬
わが国最大級のバッタだ。飛翔力は抜群で、1回の飛翔で20−30mは軽く飛ぶ。
1匹でいるうちはおとなしいバッタだが、ある条件のもとで生育すると、小型で羽が長い群生相になる。この群生相になると、何十万、何百万匹という群をつくって集団で移動、農作物に多大な被害を与える。

バッタの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME