あおもり昆虫記

ホクリクコバネヒシバッタ

ホクリクコバネヒシバッタ(ヒシバッタ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたらやってきた。
成虫になっても微翅のヒシバッタで、八甲田辺りを境に、東にコバネヒシバッタ(背中がより盛り上がる)、西にホクリクコバネヒシバッタが棲み分けている。
翅のように見えるのは、翅ではなく前胸背板。

バッタの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME