あおもり昆虫記

ナミキノコバエ族の一種

ナミキノコバエ族の一種(キノコバエ科)青森市、5月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳の中腹で灯火最終をしたら飛来した。
ナミキノコバエは、盛り上がった胸部と相対的に猪首となった頭部、太い脚、側扁した胴体などが特徴。

カの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME