あおもり昆虫記

ハスムグリユスリカ属の一種

ハスムグリユスリカ属の一種(ユスリカ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。胸が頭の上にせり出すという顕著な特徴のある属である。
翅型も特異で目立つ斑紋もある。「ハスムグリ」とは、幼虫がハスの葉に食い入ることによるが、写真の種は生態不明である。

カの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME