あおもり昆虫記

オオチョウバエ

オオチョウバエ(チョウバエ科)青森市、9月中旬
青森市西南部の里山環境で灯火採集をしたら飛来した。大きさ約4ミリ。
汚泥、特に浄化槽表面の有機物を幼虫が食べる。成虫が配管を遡ったり、どこからかの隙間から室内に入ってくるので、衛生害虫・不快害虫とされている。
全身がとれやすい毛や鱗粉で覆われているので、嫌いな人には嫌悪感が強いとおもわれる。

カの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME