あおもり昆虫記

シマバエ科の一種

シマバエ科の一種(シマバエ科)青森市、6月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
一見ケブカミバエの仲間に似ているが、翅脈や頭の剛毛などで、別の科であることがわかる。
シマバエ科も斑紋を持つ種が多く、興味深いが研究は進んでいない。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME