あおもり昆虫記

クロハススジハマダラミバエ

クロハススジハマダラミバエ(ミバエ科)青森市、9月上旬
青森市西南部の郊外で灯火採集をしたら飛来した。
ハススジハマダラミバエは羽の横脈が著しく斜めになっていることから「斜(はす)筋」の名がある。
このグループにはいくつかの種類が含まれるが、本種が最も羽の斑紋部分が広くかつ黒い。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME