あおもり昆虫記

ヒゲナガヒロクチバエ

ヒゲナガヒロクチバエ(ヒロクチバエ科)青森市、8月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
写真で見ると、口が幅広く大きい。
このため「広口」(ヒロクチ)の名がつけられたのだろうか。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME