あおもり昆虫記

マエジロアシナガヤセバエ

マエジロアシナガヤセバエ(マルズヤセバエ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。前脚のフ節(掌にあたる部分)が白いことによる名前。
♂が朽ち木などの上で闘争することが知られる。実際に殴り合いをするわけではなく、腕を広げあって、自分の方が小さいと思った方が退散する。
大きさが拮抗する場合には、双方引かずに押し問答となる。青森県立田名部高校(青森県むつ市)元教諭の大八木先生の観察である。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME