あおもり昆虫記

ナルミハナアブ

ナルミハナアブ(ハナアブ科)青森市、5月中旬
青森市西南部のブナ林で葉の上にとまっていた。黒石市の鳴海良平さんが同市青荷で6月(年度不明)に採集した雄2匹、雌1匹をタイプ標本に、昆虫学者の素木得一が新種として1950年に記載したもの。
学名は「Narumyia narumii」で、採集者の名が献名された。なお、属名末尾の「-myia」は蝿の意味。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME