あおもり昆虫記

アリノスアブの一種

アリノスアブの一種(ハナアブ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
よく似た種があるので、正確な種名は細部を顕微鏡で調べないと分からない。
幼虫がアリの巣の中で育つので、アリノスアブと呼ばれる。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME