あおもり昆虫記

スズキフタモンハナアブ

スズキフタモンハナアブ(ハナアブ科)青森市、9月下旬
青森市東部の東岳山頂尾根は、ブナ林である。その一角で、このスズキフタモンハナアブ複数匹が飛び交い、ときどきブナの幹にとまり、羽を休めていた。
翌週、同じコースを歩いたら、同じ場所で、スズキフタモンハナアブが飛び交っていた。さらに10月下旬、白神山地の高倉森登山道のブナ林でも飛び交っていた。
ブナ林に依存性があるアブのようだ。羽の2紋が特徴的で、これが名の由来。

ハエの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME