あおもり昆虫記

イヨシロオビアブ

イヨシロオビアブ(アブ科)青森市、8月上旬
青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたら飛来した。人や家畜の血を吸うアブで、刺されたあと、1週間ほど猛烈にかゆい。
幼虫は渓流のコケの多い土や朽木の中にいる。富山県では「オロロ」、新潟県上越地方では「ウルル」という方言で呼ばれているアブだ。

アブの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME