• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2018年5月16日(水)

八戸で30.2度、青森県内今年初の真夏日

季節はずれの暑さに水飲み場で冷たい感触を楽しむ子どもたち=16日午後、五所川原市の菊ケ丘水郷公園
季節はずれの暑さに水飲み場で冷たい感触を楽しむ子どもたち=16日午後、五所川原市の菊ケ丘水郷公園

 16日の青森県内は高気圧に覆われ、南から暖かい空気が吹き込んだため軒並み気温が上がった。青森地方気象台によると、八戸市で最高気温が30.2度と県内今年初の真夏日を記録。ほかも三戸29.7度、三沢29.6度、青森29.1度、五所川原29.0度、弘前28.5度など15地点で夏日となり、各地では水辺や木陰などで暑さをしのぐ市民らの姿が見られた。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内